PR

 セキュリティ・ソフト・ベンダー大手のイスラエルCheck Point Software Technologiesが米国時間7月3日に,2001年第2四半期決算の速報を発表した。売上高は1億4000万ドル~1億4200万ドル,希薄化後の1株あたり利益は32セントとなる見込み。前年同期は売上高が9070万ドル,希薄化後の1株あたり利益は17セントだった。

 「マクロ経済の厳しい状況やIT支出の減速にもかかわらず,売上高が50%以上成長し,利益は目標に達することができた」(Check Point Software社会長兼CEOのGil Shwed氏)。

 なお,正式な2001年第2四半期の決算は7月23日に発表する予定である。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
イスラエルのCheck Point,企業ネットへの安全なリモート・アクセスを可能にするVPNクライアント・ソフトウエアを発表
「2005年のファイアウォール/VPN機器市場は現在の4倍で40億ドル規模に」と米IDC
企業のセキュリティー管理は外部攻撃からの防御中心,主要企業の7割は全社的にウイルス・チェックを実施
「VPN専用ハードウエアの2000年Q3売上高は2億4300万ドル。2001年3Qには倍以上に」---。Infoneticsの調査
ボックス型ファイアウオール製品大手の米SonicWALLが大規模市場に本格参入
SOHOや家庭でファイアウオールを安く導入する
2004年のセキュリティ・ソフト世界市場は110億ドル超規模--米IDCの調査から
[発表資料へ]