PR

 米Secure Computingが米国時間7月12日に,ファイアウオール「Sidewinder」がCommon CriteriaのEAL4 Augmented(EAL4+)の認定を取得することを明らかにした。EAL4 Augmentedレベルはファイアウオール製品としては最高レベルとなっている。正式な認定は2001年第4四半期となる見込み。

 EAL(Evaluation Assurance Level)は,National Information Assurance Partnership(NIAP)が定めるセキュリティの評価基準Common Criteriaの強度を表す保証レベル。

 Secure Computing社によれば,Common Criteria Testing Laboratoriesにて実施された製品評価テストには,国防総省向けのアプリケーション・レベルのファイアウオール・テストも含まれているという。なお,軍事用製品の基準はEAL5以上となっている。

◎関連記事
「2005年のファイアウォール/VPN機器市場は現在の4倍で40億ドル規模に」と米IDC
ボックス型ファイアウオール製品大手の米SonicWALLが大規模市場に本格参入

[発表資料]