PR

 米Microsoftとpressplay社が米国時間7月12日に,音楽配信サービスに関して提携を結んだことを明らかにした。今夏に開始を予定しているpressplay社の有料オンライン音楽サービスをMicrosoft社の音楽サービス「MSN Music」で提供する。

 pressplay社(旧称「Duet」)は仏Universal Music Group(UMG)とソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)米国法人が共同で設立したオンライン音楽/ビデオ・サービスのベンチャー企業。4月5日には米Yahoo!との提携を発表している。

 pressplay社とMicrosoft社は共同ブランドのWWWサイトを開設し,さまざまなジャンルにおける人気アーティストの楽曲や特別番組を,有料サービスを通じてMSN Musicのユーザー向けに配信する。ユーザーは聴きたい音楽を検索したり,パーソナル化したプレイリストを共有することもできる。

 また今回の提携により,pressplay社が所有する音楽をMicrosoft社の「Windows Media」形式と著作権管理技術に対応させ,MSNやその他の提携企業のユーザー向けに提供できるようにする。

◎関連記事
米ヤフー,ソニー・ミュージックなど4社がオンライン音楽サービスで提携
米AOL,独Bertelsmann,英EMI,米RealNetworksがデジタル音楽配信で新会社
米マイクロソフトが無料音楽配信サービス「MSN Music」のベータ版を発表
米MTViと米RioPortが有料の音楽ダウンロード・サービス,大手5社の楽曲を対象
MP3.comがオンライン音楽サービスを再開,年会費50ドルの有料サービスも

[発表資料へ]