PR

 米IBMは米国時間7月12日に,無線ネットワーク(IEEE 802.11)向けセキュリティ管理ツール「Network Security Auditor」のプロトタイプを発表した。ネットワークをリアルタイムで監視・分析し,脆弱なアクセス・ポイントを自動修正する機能を備える。

 無線通信機能を備える携帯情報端末(PDA)に向ける。プロトタイプはLinux上で動作する。同ツールはネットワークを監視してセキュリティ関連情報を収集,システム管理者は収集された情報から,必要な処置を判断し,適切な対応をとることが可能となる。 「PDA向けのセキュリティ・コンサルタントとして機能する」(IBM社)。

 「無線ネットワークの普及に伴い,企業のイントラネットはクラッカ(悪意を持つハッカー)の攻撃を受けやすくなっている状態にある」(IBM Reseach社Network SecurityマネージャーのDave Safford氏)。

 なお,802.11はセキュリティ機能として,「WEP(Wired Equivalent Privacy)」と呼ぶ暗号技術と認証アルゴリズム「Shared Key Authentication」の2つを備えるものの,これらのサブシステムはオプションとして提供されるもので,出荷時には通常機能がオフの状態になっている。

◎関連記事
米IBMが無線戦略,「全製品系列,サービス,ソリューションを無線対応に」
米ルーセントが企業ネットワーク管理の新会社を設立,ベル研の技術をベース

<無線LAN関連>
【記者の眼】ますます熱い無線LAN
「企業は2004年までに三つの無線ネットワークに対応すべき」と米ガートナー
米TIが22Mbpsの無線LAN技術の参照デザインをFCCに提出,規制解除求める
「急成長の無線LAN市場,標準化とセキュリティ,値下げが今後の課題」と米IDC
「2005年の無線LAN市場は46億ドル規模,必要性“低い”の意見も」と米In-Stat
「中小企業の無線LAN導入が増加,ただし利用範囲は狭い」,米Sageの調査
米TI,22Mbpsの高速無線LAN技術を無償でライセンス供与へ
無線LANで動画データを受信,新規格IEEE802.11eは家庭ネットに向く

<不正アクセス関連>
「敵は身内にあり」,社内ネットへの不正行為は大半がアクセス権を持つ従業員
“デジタル探偵コンテスト”が示すIT世界を悩ますセキュリティ問題

<セキュリティ関連>
米RSAが相互運用性高めた無線通信向け新暗号ソフトをリリース
「企業のセキュリティ予算は10年後に10倍,売上高の4%に」と米ガートナー
「セキュリティ管理サービス市場は2005年に17億ドル,5年で12倍」と米ヤンキー
「世界セキュリティ・ソフト市場で三つの“A”が急成長」と米IDC
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査
2004年のセキュリティ・ソフト世界市場は110億ドル超規模--米IDCの調査から

[発表資料へ]