PR

 米RSA Securityが米国時間7月12日に,2001年第2四半期の決算を発表した。売上高は8080万ドルで過去最高を記録。前年同期の6670万ドルと比べて21%の増収となった。

 RSA Capital事業を含めた純利益は1330万ドル(希薄化後の1株あたり利益は22セント)で,前年同期の3720万ドル(同58セント)と比べて減少。

 主要事業による純利益は1000万ドル(同17セント)。前年同期は940万ドル(同14セント)だった。

 2001年前半の業績は,売上高が1億5710万ドルで,前年同時期と比べて21%増加。RSA Capital事業を含めた純利益は2310万ドル(同38セント)。前年同時期は6180万ドル(95セント)だった。主要事業による純利益は1970万ドル(同33セント)で,前年同時期の1800万ドル(同28セント)と比べて10%増加した。

 同社は今後の見通しについても明らかにした。詳細は以下の通り。

・2001年第3四半期:売上高は7200万ドル~8000万ドル。RSA Capital事業を含めた1株あたり利益は9セント~14セント。主要事業による1株あたり利益は3セント~9セント。

・2001年第4四半期:売上高は7800万ドル~9000万ドル。RSA Capital事業を含めた1株あたり利益は7セント~15セント。主要事業による1株あたり利益は11セント~20セント。

・2002年通年:売上高は3億5000万ドル~4億ドル。RSA Capital事業を含めた1株あたり利益は45セント~67セント。主要事業による1株あたり利益は50セント~75セント。

 なお,同社は従業員の8%を削減済みで,リストラ関連費用300万ドル~500万ドルを2001年第3四半期に計上する予定である。

◎関連記事
米RSAが相互運用性高めた無線通信向け新暗号ソフトをリリース
腕自慢来たれ! 米RSAが暗号解読コンテスト,賞金は最高20万ドル
RSA,Compaqからモバイル機器向け暗号技術「MultiPrime」をライセンス
「世界セキュリティ・ソフト市場で三つの“A”が急成長」と米IDC
米RSAが松下通信工業のiモード対応電話機向けに暗号ソフトをライセンス供与
「インターネットの利用に不安はあるが,対策はおろそか」--RSAセキュリティが調査

[発表資料へ]