PR

Itanium搭載のPCサーバー米Compaq Computerが米国時間7月16日に,Itaniumプロセサを搭載したPCサーバー「ProLiant Server DL590/64」の提供を始めたことを明らかにした。同社の64ビットPCサーバーの第1弾となる。

 DL590/64は,800MHz版のItaniumプロセサを搭載する。厚さ7Uのラックマウント型で,CPUは最大4プロセサ構成。主記憶は8Gバイト。ECC付きのSDRAMを使う。最大64Gバイトまでの拡張が可能。チップセットはIntel社の「82460GX」。OSは64ビット版のWindows Advanced Server Limited Edition,Linux,OS/2,Solaris,NetWareなど。

 米国以外の市場でも第3四半期中に出荷を始める計画である。

 Compaq社は2001年5月に,Itaniumシステムへの移行支援プログラム「TrailBlazer」を立ち上げており,64ビット・アーキテクチャ向けアプリケーションの開発やポーティングを支援している。

 なおCompaq社は2001年6月末に,Intel社とItaniumプロセサ・ベースのサーバー開発に関し提携関係に入っている。2004年までにスーパー・コンピュータからWWWサーバーに至るまで全ての64ビット・サーバー製品をItaniumベースに統合するというもの。自社のAlphaプロセサをベースとしたAlphaServerの提供は2008年までで打ち切る。

◎関連記事 
【TechWeb特約】「米コンパックのAlpha打ち切りに失望し,離反する顧客も」
米コンパックがAlphaマシンをついに断念,サーバーは米インテル製で染める
米コンパックがPCI-X対応「ProLiant DL760」などPCサーバー2機種を発表
米インテルがItanium搭載機の出荷時期を正式発表,6月にサーバーやWS
「2005年にサーバー市場でのItaniumのシェアが42%に」と米Aberdeen
米コンパックがItanium搭載サーバー「ProLiant」を第3四半期に投入へ

[発表資料へ]
[Compaq社ProLiant製品リスト]
[Compaq社ProLiant DL590/64製品情報]