PR

日立のウエアラブル・コンピュータ日立製作所と米Xybernautは米国時間7月18日に,日立がXybernaut社からウエアラブル・コンピュータに関する特許のライセンスを受けることなどで合意に達したことを明らかにした。契約を締結したのは6月30日。

 消費者市場向けのウエアラブル・ネット端末(WIA:Wearable Internet Appliance)の開発と販売を目的とした提携である。日立は,WIAの製造と自社ブランドによる販売を行う。同時にXybernaut社にOEM供給する。

 WIAは重さ約310gで,プロセサは日立製のSH-4(動作周波数128MHz)。OSはWindows CE 3.0である。またCompact Flashスロット,USBポート,32Mバイトのメモリーを搭載し,取り外し可能な2次電池を装備する。解像度SVGA (800x600)のヘッドアップ・ディスプレイで表示を行う。

 Xybernaut社は,クリスマス前にWIAを米国市場に投入する予定。価格は2000ドル未満になる見込み。

◎関連記事
Gates氏がCESの基調講演で日立製ウエアラブル・コンピュータを披露
Xybernaut,Bell Canada,IBM Canadaがウエアラブル・コンピュータ の実地試験を開始
米タイメックスと米ヤフー,インターネット対応腕時計を提供開始,99ドル
セイコーインスツルメンツとAU-System,WAPブラウザやBluetooth対応の腕時計を共同開発
IBMの研究部門がLinuxウォッチを試作,PIMアプリも搭載

[発表資料へ]
[日立のWearable Internet Appliance]