PR

 電子商取引向けプラットフォームを手がけるアイルランドのIONA Technologiesが現地時間7月25日に,2001年第2四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比49%増の5154万ドル。前期比は21%増。買収やリストラなどにかかった特別費用を除いた純利益(pro formaベース)は32万ドルで,1株当たり利益は0.01ドル。特別費用を含めた場合の収支は2871万ドルの赤字で,1株当たり損失は1.14ドルとなった。

 2001年第2四半期における主な事業概要は,電子商取引向けソリューション・プロバイダNetfish Technologies社の買収,主力製品である電子商取引向けプラットフォーム「Total Business Integration」をはじめ,「iPortal Application Server 3.0」,「B2B Integrator」「Enterprise Integrator」「XML Bus」のリリースなど。

 英Reutersの報道によれば,IONA社は「2001年後半は世界経済減速の影響を受け,売り上げが伸び悩む」(IONA社CEOのBarry Morris氏)として,2001年通年の成長予測を当初の45~50%成長から25~30%成長に下方修正した。

◎関連記事
「世界の企業・団体の56%が2001年のIT予算の増額を予定」,米ガートナーの調査
「欧州経済の減速で,世界IT支出は2001~2003年に最悪1500億ドル減少」と米IDC
「企業のIT投資が7カ月ぶりに上昇へ,“ハイテク不況”の底は打った」と米社
「過半数の企業がサポート・サービス向け予算を増額予定」と米データクエスト
「世界ITサービス市場,2005年に1兆4000億ドルで現在の2倍」とデータクエスト
「世界のIT支出は2001年に9%増,米国は7%増」,米IDCの調査
「企業の65%は2001年のIT予算を増額」,米ガートナーの調査
2005年のIT製品とITサービスの世界市場は約2兆6000億ドル
世界の中小企業によるIT関連支出は2001年に約1兆ドル---米社の調査

[発表資料へ]

[決算報告書](PDF)