PR

 米IBMとスペインTerra Lycosは米国時間7月26日に,Terra Lycos社のe-businessインフラ供給などに関して両社が2年間の契約を結んだことを明らかにした。

 「世界で展開する数百万ドル規模の提携」(両社)。

 この契約のもとIBM社はTerra Lycos社にサーバー製品や,企業業務向けソフトウエア,サービスを提供するTerra Lycos社の優先的なITインフラ・プロバイダーとなる。Terra Lycos社はWWWサービスの運営にIBM社のシステムを導入することで「より多くの顧客アクセスに対応し,運営コストを大幅に削減する」(両社)という。

 IBM社が供給するインフラには,「eServer pSeries」のUNIXサーバーや,米Intel製プロセサ搭載のWindows NT/Linuxサーバー「eServer xSeries」,IBM社製ソフトウエアなどが含まれる。ソフトウエアにはIBM社が買収する米Informixの製品や,IBM社製業務管理ソフト,「WebSphere」製品系列,「Lotus Notes」などが含まれる。

 「全世界のITインフラの基盤としてIBM社のシステムを導入し,これをWWWサービスやERP(enterprise resource planning),CRM(customer relationship management)などと連結する」(Terra Lycos社)。

 IBM社がTerra Lycos社のWWWサイトに広告を掲載するなど,両社はマーケティングでも協力体制を敷く。さらに,Terra Lycos社はカリフォルニア州AlmadenのIBM Research Labと協力し,新技術やアプリケーションの開発を行っていくという計画も立てている。

◎関連記事
IBMがSAPとの提携関係を拡張,クロスライセンスやmySAP.comのサポート強化など
米IBMがQ2決算,売上高は前年比で横這い,e-businessサービスは30%増収
米インフォミックスの株主がデータベース事業部門のIBMへの売却を承認
米IBMが米インフォミックスのDBMS部門を10億ドルで買収
米IBMが企業情報ポータル構築サービス「Corporate Portal Offering」を発表
Terra Lycosがインターネットでの対話型ラジオ番組「Lycos Talk Radio」を開始
Terra Lycosとランダムハウスが電子ブックをインターネットで販売

[IBM社の発表資料]
[Terra Lycos社の発表資料]