PR

 米IBMが米国時間7月26日に,30種類の新たなWWWホスティング・サービスを発表した。小規模企業向けの販売サイト構築支援から,大規模顧客企業向けのセキュリティサービスやLinux対応サービスなどが含まれる。

 ちなみに2001年上半期における同社のWWWホスティング契約総額は10億ドルを超えたという。

 IBM社傘下のIBM Global Services社は世界37カ所にホスティング・センター「e-business Hosting Centers」を展開している。過去3カ月間に香港,台湾,ブエノスアイレス,アルゼンチンでセンタを開設した。また8月には中国の上海に新センタを開設する予定である。

 今回発表したサービスのうち半数はWWWのセキュリティ関連である。主な内容は以下の通り。

・セキュリティ・チェック:顧客が自社のWWWサイトを評価できるようにする。セキュリティを確保する道筋を示す「ethical hacking」サービスを提供する。

・ファイアウオール構築および管理:ユーザーやアプリケーションのアクセス許可を制限する。

・侵入検出:ネットワークやサーバー・システムを監視し,クラッカ(悪意を持つハッカー)の攻撃を検出した場合は警告を発する。

・ウイルス監視:最新のウイルス情報を提供する。

 そのほか,電子商取引向けサービスでは中小企業を対象にWWWベースのカタログ・システム構築などを支援する。電子商取引向けアプリケーション「WebSphere Commerce Suite Pro」を利用する。

 また,e-business Hosting Centersを「Red Hat Linux 6.2」に対応させた。顧客はLinuxアプリケーション向けのハードウエア,ソフトウエア,設計,導入,ホスティングを利用することができる。その他の対応OSはAIX,Windows NT,Solaris,Windows 2000。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

 電子商取引の技術・市場・産業関連の詳しい情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「電子商取引(EC)」で詳しくご覧頂けます。
 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

 Windows 2000の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Windows 2000」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
米IBMが無線LAN用のセキュリティ管理ツールを発表,脆弱性を検知して自動修正
「企業のセキュリティ予算は10年後に10倍,売上高の4%に」と米ガートナー
「セキュリティ管理サービス市場は2005年に17億ドル,5年で12倍」と米ヤンキー
「世界セキュリティ・ソフト市場で三つの“A"が急成長」と米IDC
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査
2004年のセキュリティ・ソフト世界市場は110億ドル超規模--米IDCの調査から

[発表資料へ]