PR

 米Cisco Systemsが米国時間7月27日に,VPN(Virtual Private Networks:仮想私設網)のセキュリティ技術を手がける米Allegro Systemsを買収することを明らかにした。

 買収は株式交換方式で行う。Cisco社は1億8100万ドル相当のCisco社株と,Allegro社の全発行済株式およびオプションとを交換する。なおCisco社はすでにAllegro Systems社の少数株を保有している。ちなみにAllegro社は2000年8月に設立されたベンダーである。従業員は39名。

 Cisco社はAllegro社の技術でCisco社のセキュリティ製品を補完していく。Cisco社のセキュリティ製品には,VPN向けゲートウェイやコンセントレータ,ファイアウォール,ポリシー・ベースのセキュリティ管理システムなどがある。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
<Cisco社>
米CiscoがOracle9i Application Server のセキュリティ・ソリューションを提供
過熱する光ネット企業への買収攻勢,米シスコが1億5000万ドルでベンチャーを買収
「セキュリティ機能をネットワークに組み込んでいく」---。米Ciscoのプロダクト・マネージャ
米Cisco Systems,セキュリティ管理サービス事業者を支援する新しいプログラムを発表
米Cisco Systems,コスト・パフォーマンス高めたファイアウォールとVPNルーターの新製品を発表
<市場調査>
■<「2005年のファイアウォール/VPN機器市場は現在の4倍で40億ドル規模に」と米IDC
IP VPNの米国市場は2005年に110億ドルと現在の7倍強に成長」と米InfoTech
「西欧のIP-VPN市場が2006年に66億規模へと5年間で7倍に拡大へ」と英Analysys 
「2000年のVPN専用ハード市場は8億3500万ドル規模」,Infoneticsの調査

[発表資料へ]