PR

 米Microsoftと生活アドバイス・サービスの米Keenが米国時間7月27日に,MSNユーザーに向けたリアルタイムのアドバイスとコンテンツ配信で提携関係に入ったことを明らかにした。

 Keen社の課金サービスをMSNサイトで提供する。ユーザーはKeen社の相談員と電話でリアルタイムに会話することができる。コンピュータ・サポート,占星術,家計相談といった内容が含まれる。

 「MSN Search」「MSN Communities」「MSN Chat」などMSNネットワークのサービスで,Keen社ホーム・ページへのリンクを張る。MSNユーザーは専用の「Keen Calls」に電話をかけ,即座にアドバイスを受けることが可能。育児をはじめ家計や税金に関するアドバイスを希望するユーザーは,オプション項目を選んで「KeenSpeaker」に接続し,相談することができる。

 またKeen社のサービスはMicrosoft社の「Office Tools on the Web」サイトの一部として提供される。ユーザーはOffice文書の「Tools on the Web」をクリックして「Microsoft Certified Engineer」(Microsoft認定技術者)から技術サポートを受けることができる。

 Keen社のホーム・ページでは項目別にKeenSpeakerの一覧を掲載しており,「Call Now」アイコンをクリックすると,電話で相談できるようになる。双方とも個人情報を明かす必要はない。

◎関連記事
米国ISP調査でMSNが2番手グループから抜け出すものの,顧客満足度は平均以下
値上げのAOL会員狙いMSNが乗り換えキャンペーン,3カ月間無料のほか値引きも
「『MSN Internet Access』のユーザーが500万人を超えた」と米マイクロソフト
「MSN Explorer」の提供でMSNサービス利用者が急増,と米マイクロソフト
「ビジタの94%が『MSN eShop』のサービスに満足」とMicrosoftの調査

[発表資料へ]