PR

 米Network Associatesの子会社McAfeeのオンライン事業部門McAfee.comが米国時間8月6日に,インターネットを介したパソコン向けセキュリティ・サービスに関する米国特許を取得したことを明らかにした。

 特許番号6266774で,タイトルは「Method and system for securing,managing or optimizing a personal computer」。1998年12月8日に申請して,2001年7月24日に成立した。14件のクレームから成る。

 インターネットを介して有料のセキュリティ,メンテナンス,最適化サービスを提供する技術とビジネス・モデルに関する技術である。ソフトウエアの機能をHTMLやXML言語で記述したプログラムに組み込んで,インターネット経由で配信する。ブラウザで読み取るとコンピュータ上で自動的にスクリプトを実行する。

 (1)ウイルスの検索と削除,(2)アップグレードを要するソフトウエアやデータの検索およびアップグレードの実行,(3)ソフトウエアやハードウエア診断といった処理を行うことが可能。

 技術の開発には,McAfee.com社社長兼CEOのSrivats Sampath氏,同社Core Products事業Engineering部門CTO兼バイス・プレジデントのChandrasekar Balasubramaniam氏,同社同事業同部門ディレクタのBabu Katchapalayam氏,同社Infrastructure Services事業Engineering部門ディレクタのRavi Kannan氏などが参加した。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
.NETでセキュリティ・サービス,米マイクロソフトと米McAfeeが提携
「コンピュータの約20%がウイルスに感染」と米McAfee.comの調査
「7月23日~29日はセキュリティ・サイトのトラフィックが急増」と米ニールセン
米McAfeeがアンチウイルス単機能サーバー「WebShield e500」の出荷を開始
2001年7月のウイルス被害状況,ダントツのワースト1は「SirCam」

[発表資料へ]