米Liquid Audioがデジタル音楽の符号化に関する技術で米国特許を取得した。同社が米国時間8月7日に明らかにしたもの。

 米国特許番号は「6,266,644」。タイトルは「Audio encoding apparatus and methods」。申請は1998年9月26日,成立日は2001年7月24日である。13件のクレームから成る。

 複数の符号化技術を,オーディオ信号に適宜適用するのが特徴。一つの符号化技術を使うだけの場合に比べて,より効率的なオーディオ・ストリームを実現できるという。「低いビット・レートでも音質を高めることが可能」(同社)という。

 Liquid Audio社では,今回取得した特許を携帯電話や無線機器といったプラットフォームに応用できると説明している。「メモリ容量や帯域幅に制限がありながら,高品質のデジタル音楽が求められる環境で利用できる」(Liquid Audio社エ技術部門副社長のLeon Rishniw氏)。

◎関連記事
仏トムソン,従来比べ圧縮率2倍の新MP3コーデックのネットでの無償配布を開始
仏Thomson Multimedia,MP3互換のコーデック技術“mp3PRO”を開発中,圧縮率2倍
米リキッドオーディオがデジタル音楽配信向け透かし技術で米国特許を取得
Liquid Audioがオーディオ・データ圧縮技術で4件の特許を取得
米リキッドオーディオが日本法人との契約を解除,日本法人は社名変更へ
RealPlayerが前年比50%増でWindows Mediaを引き離す,米AOLとの提携奏功
「米国世帯のPCユーザーの47%がメディア・プレーヤを利用」と米調査

[発表資料へ]