PR

 米Network Associates傘下のMcAfee社が米国時間8月20日に,ウイルス対策ソフトおよび同サービスに,DDoS(Distributed Denial of Service:分散型サービス妨害)攻撃を仕掛けるエージェント「Zombie(ゾンビー)」の検出/除去機能を組み込んだことを明らかにした。

 「HTTPトラフィックのスキャニング技術を組み込み,被害が拡大しているCode Redワームのゾンビー・エージェントにも対応する」(McAfee社)。

 なお,McAfee社は同日,DDoS対策技術を手がける米Arbor Networks,米Asta Networks,米Mazu Networksの3社とDDoS対策ソリューションの開発に関し協力体制を敷くことを明らかにしている。McAfee社は,3社が持つDDoS攻撃の検出,追跡,フィルタリング技術を自社のソリューションに組み込んで提供する。

 またMcAfee社は同日,ウイルス対策技術の研究機関であるMcAfee AVERT(Anti-Virus Emergency Response Team)が,ゾンビー検出技術の研究開発強化のために,専門チームを結成したことも明らかにした。

 McAfee AVERTが最近実施した調査によれば,現在世界で数万規模のゾンビーがシステムに感染しており,今後もゾンビー・エージェントの数は増大する見込みであるという。ゾンビー・エージェントはユーザーが気が付かぬまま複数のマシンに組み込まれるプログラムで,インターネットのバックボーンやWWWサイトに過度の負荷を集中して送りこんだり,特定の日時をねらって攻撃する。

◎関連記事
「ゾンビーなどDDoS攻撃を食い止める」,米McAfeeがソフト・ベンダー3社と提携
マイクロソフトが「Code Red」ワームのサポート窓口を開設,Webの情報も最新に
トロイの木馬を仕掛ける新種の「Code Red」ワームが猛威 
「拡大する不正アクセス,米企業/政府の85%が1年間に被害」,FBIの調査から
ホワイトハウスまで巻き込み,2種類のワームが米国ネットで猛威
「週平均で4000件」と相次ぐDDoS攻撃に対処
WebサイトへのDoS攻撃を自動防御,米キャプタスがデモを実演
【TechWeb特約】「中国のクラッカーが米国サイト攻撃を計画」とFBIが警告
【TechWeb特約】米マイクロソフト,WWWサイト防衛のために米アカマイと契約

[発表資料1]
[発表資料2]