PR

 MIGway社と米Microsoftのインターネット事業部門MSNが英国時間8月23日に,欧州全域に向けたモバイル・サービスに関して戦略的提携を結んだと発表した。MIGway社は,デンマークのモバイル事業者TDC Mobile Internationalと,英国とオランダに拠点を置く無線向けメッセージング・ソリューション企業CMG Wireless Data Solutionsのジョイント・ベンチャーで,無線アプリケーション・インフラの提供を目的としている。

 MNS社のWWW対応電子メール・サービス「Hotmail」を,双方向SMS(short message service)を介して提供する。欧州のHotmailユーザーは携帯電話機のSMS機能を使って,Hotmailアカウントに届いた電子メールを受信することができるようになる。また,電子メールの発信者に携帯電話機から直接返信することも可能。

 「双方向SMSでHotmailサービスを提供する企業は,MIGway社が初めて」(両社)という。その結果,40社以上の欧州モバイル事業者で,MSN Hotmailのアカウントを持つユーザに対しSMSの提供が可能となる。

 最初にこの新サービスの試験を開始する企業は,TDC Mobile International社のデンマーク支社TDC Mobilとスイスsunriseである。

 MIGway社との提携は,モバイル・ユーザーに向けたサービス提供を図るMNS社の戦略に沿ったもの。MNS社は7月24日に,モバイル向け無線インターネット・サービス「MSN Mobile 4.0」を発表したばかりである。

◎関連記事
米マイクロソフトが無線ネット・サービスを拡張,「MSN Mobile 4.0」を発表
米マイクロソフトのBallmer氏,モバイル・インターネットと.NET戦略を語る
米MSが「Outlook Mobile Manager ベータ版」,モバイル機の情報をAI技術で自動選別
米マイクロソフト,携帯電話向けブラウザMobile Explorer 3.0評価版をリリース

[www.microsoft.comに掲載の発表資料]
[www.cmg.comに掲載の発表資料]