PR

 米Novellが米国時間8月23日に,2001年5~7月期(2001会計年度第3四半期)の決算を発表した。売上高は,2億4700万ドルで前年同期の2億7000万ドルに比べ減収となった。純損失は1900万ドルである。前年同期は8600万ドルの純利益を報告していた。7月期の1株当たり損失は0.06ドル。一時的な費用を除いた場合は1株当たり利益0.04ドルとなる。

 7月期の業績には,同社が7月10日に買収作業を完了したコンサルティング会社,米Cambridge Technology Partnersの業績(7月11日~31日の期間)が含まれる。なおCambridge社の業績によって売上高は2000万ドル増えたが支出も2700万ドル増えた。Novell社では,「Cambridge社の業績を除いた主要事業における営業費用は,四半期中に3300万ドル削減できた」と説明している。

 ネット・サービスのサイト・ライセンスによる売り上げは前期比3%減の1億6700万ドル。全売上高の68%を占めた。小規模ネットワーク向けのパッケージ・ソフトの売り上げは前期比9%減の3300万ドル。全売上高に占める割合は13%である。

 売上高を製品分野別にみると,Net Management Servicesが前期比6%減の1億7000万ドル。Net Directory Servicesが前期比39%減の500万ドル。同社傘下のVolera社の売上高は前期の190万ドルから220万ドルに増えた。顧客サービス/教育/コンサルティングを合わせた売上高は6900万ドルで前期に比べて増えた。これにはCambridge社の業績が貢献した。

 売上高を地域別でみると,米国が1億4000万ドル。欧州/中東/アフリカを合わせた地域は7500万ドル。アジア太平洋地域は1600万ドル。米国を除く米大陸地域も1600万ドル。

 Novell社は今後の業績見通しについても明らかにした。低迷する経済情勢が続くことから,ソフトウエア事業の売上高は若干の上昇にとどまるという。2001年8~10月期(2001会計年度第4四半期)の売上高は3億500万~3億1500万ドルの範囲と見込む。この売上高の水準では,リストラ費用などの一時的な費用を除いても収支トントンとなる見通しという。

◎関連記事
米ノベルの四半期決算,純損失1億5100万ドルで赤字転落,従業員の5%を削減へ
米ノベルがコンサルティング会社の米Cambridge Technologyを買収
ノベルがパソコンやシンクライアント,サーバーの統合管理ソリューション
米ノベルが「NetWare 6」のベータ版,ネット経由のアクセスの自由度を高める
米ノベルが「Novell eDirectory」を無償提供
米Novell,オンラインでデータを同期するソフト「iFolder」を出荷開始へ
ノベル,Webサービスのセキュリティ管理をNDSに統合するパッケージを発表
「ディレクトリ・サービスを経営に役立てる」,ノベルが新方針

[発表資料へ]