PR

 米PeopleSoftが米国時間8月27日に,米Coheraを買収したことを明らかにした。買収は現金取引で行われ,7月23日に完了している。取引金額については明らかにしていない。

 Cohera社はカタログ管理/コンテンツ統合ソフトウエアを手がけるソフトウエア・ベンダーである。PeopleSoft社は自社の購買/販売支援アプリケーションにCohera社のソフトを組み合わせて顧客に提供していく。

 両社のソリューションを組み合わせることで,企業はインターネットを介した製品やサービスの購買/販売に向けたカタログの作成/管理が行えるようになる。

 顧客はこのビジネス手法を,サプライヤとの取引にも拡張することができるという。「サプライヤが顧客企業のカタログに製品情報を直接入力できる。このため,顧客企業は購買にかける時間を節約できる」(PeopleSoft社)。

 「効率的な協業作業のためには,さまざまな情報源のコンテンツを一つのアプリケーションに集める必要がある。従来はこのような情報統合が企業にとっての課題だった。しかし両社のソリューションを組み合わせることでこれが解決する」(PeopleSoft社製品/技術部門業務執行副社長のRam Gupta氏)。

 なおPeopleSoft社はカタログ・コンテンツ統合への取り組みを実施しているが,この取り組みに向けて,英British Telecomや米Commerce Oneといったコンテンツ・サービスのパートナー企業とのネットワークを構築したことも明らかにした。

◎関連記事
米IBM,企業間ECのセキュリティ確保でIdentrus社のシステムに全面対応
米アリバと米CAPS Researchが電子調達のベンチマーク「eC3」を共同開発へ
「ドットコム敗れたり,真の勝者はネット技術に」,米国の管理職アンケート
i2がSRMソリューションの新製品,米IBMと導入支援で提携
「BtoBネットはコスト削減より,効率面のメリットが大」と米ジュピター
米Aribaと米Vignetteがマーケットプレイス製品提供で戦略提携
米IBMがデジタル資産管理ソフト・スイート「Media Production Suite」を発表
「印刷物は2020年をピークに減少,情報交換の65%が電子形式に」と業界団体

[発表資料へ]