PR

 米MontaVista Softwareが米国時間8月28日に,組み込みLinux「Hard Hat Linux 2.0」を米Intelの通信アプリケーション向けマイクロアーキテクチャ「XScale」に対応させることを明らかにした。

 MontaVista社は2001年1月にニューヨークで開催された「Linux World and Expo」で,XScaleに対応したLinuxの最初のデモを披露している。Linuxおよび開発ツールをXScaleに最適化したという。

 XScaleはStrongARMの技術をベースにしており,携帯電話などのインターネット端末,ルーターやスイッチなどのネットワーク機器やNAS装置に向ける。異なるコンピューティングの負荷に合わせて電力消費を調整でき,ハンドヘルド機器の電池持続時間を持続する機能を備える。

 XScale対応Hard Hat Linux 2.0は2001年第3四半期中にHard Hat Linux 2.0 Professional Editionユーザー向けにリリースを開始する。最初の対応ハードウエアは,Intel社の評価ボード「IQ80310」となる予定。IQ80310はI/Oチップ・セット「80310」と動作周波数600MHzのI/Oプロセサ「80200」を搭載する。

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
<組み込みLinux関連>
米モンタビスタと米IBMが組み込みLinux向け開発環境で提携
米サンや日立など4社,組み込みLinuxの米リネオに2000万ドルの出資
組み込みLinux向けの統合仕様「ELC Platform Specification」を業界団体が発表
米サンが組み込みLinux向けJava環境を発表,デジタル家電に向ける
Lineoなどが携帯情報端末向けプラットフォーム,JavaとLinuxを組み合わせる
<XScale関連>
Intelが無線通信向けマイクロアーキテクチャ「XScale」を発表

[発表資料へ]