PR

 米Intelが米国時間9月6日に,2001年7~9月期(2001年第3四半期)の業績が事前の予測の範囲内などとする業績見通しの中間修正(Mid-Quarter Business Update)を発表した。売上高は2001年7月17日の第2四半期決算発表時に明らかにした業績予測の範囲内で,その中間値を若干下回る程度という。

 マイクロプロセサ事業は季節的な業績パターンに一致している。通信とフラッシュ・メモリ事業の業績も四半期はじめの予測に沿っているという。粗利率も先の予測の範囲内で,その中間値を下回る程度という。

 研究開発費(進行中の研究開発やその買収伴う費用は除く)は20億~21億ドルとなる見通しで,先の予測値21億~22億ドルより下回る。また保有株式の売却益が当初の予測を下回ったため,投資利益(損失)や利息などの収支は9000万ドルの損失となる見込み。当初はゼロを見込んでいた。

◎関連記事
世界半導体市場はさらに悪化,7月は前年同期比37.2%減,米大陸にいたっては半減
【TechWeb特約】米サンが「今期も赤字,日欧の失速が直撃」,過去最大のリストラの観測も
フラッシュの不振が直撃!,米AMDがQ3決算を下方修正,x86の個数はQ2並み
日本など国外事業から撤退,米ゲートウェイが事業再編策の第2弾
米インテルのQ2決算,純利益は31億ドルから2億ドルと94%減,売り上げも24%減
米インテルが大幅減収減益,前年同期比で純利益は実質64%減,売上高も16%減
Intelの2000年通年決算,売り上げが過去最高の337億ドル,14年連続で増加

[発表資料へ]