PR

 米Novellが米国時間9月11日に,米Yahoo!との提携関係を拡大し,企業向けディレクトリとポータル・ソリューションの提供で協力体制を敷くことを明らかにした。

 Yahoo!社は企業向けポータル・サービス「Corporate Yahoo!」で,Novell社のディレクトリ・ソフトウエア「eDirectory」を標準ディレクトリ・サーバーとして採用する。これまで利用していた米iPlanet E-Commerce Solutionsの「Directory Server」から乗り換える。

 一方Novell社は,自社の「Net」サービスとCorporate Yahoo!を組み合わせ,両社の技術を利用したソリューションをNovell社の顧客やパートナ企業に提供する。

 Corporate Yahoo!では,企業が従業員,パートナ企業,消費者向けにポータル・サイトを構築し,企業リソースや企業アプリケーションを収集/利用するためのソリューションを提供している。企業はYahoo!社のコンテンツも利用できる。

 Novell社とYahoo!社は2001年1月に,eDirectoryとCorporate Yahoo!を統合したソリューションに関して提携関係に入っていた。所期の統合作業が完了したため,今回の提携拡大に至った。

 Yahoo!社は,今年中にCorporate Yahoo!の一部としてeDirectoryの提供を始める。また,Novell社はCorporate Yahoo!をベースにしたポータル・ソリューションを2002年第1四半期に利用可能にする。

 ちなみに米Delphi Groupの調査によると,顧客の特定のニーズに対応するために複数のポータル・サイトを2001年に導入する予定の企業は54%。2000年は21%だった。

◎関連記事
<eDirectory関連>
米ノベルが「Novell eDirectory」を無償提供
「ディレクトリ・サービスを経営に役立てる」,ノベルが新方針
ノベル,他社アプリにNDS eDrectoryを無償添付する制度を8月30日から開始
Novellが三つのディレクトリ製品を発表,Red Hatが採用
<企業向けポータル・サイト関連>
米アンダーセンと米Yahoo!が企業情報ポータルで提携
独SAPと米Yahoo!が企業情報ポータル向けソリューションで提携
企業情報ポータル向けソフト市場は2003年に19億ドル規模,2000年の4倍に
社内外の情報の活用を図る企業ポータル・サイトをいますぐ構築を!

[発表資料へ]