PR

 米Oracleが米国時間9月13日に,2001年6~8月期(2002会計年度第1四半期)の決算を発表した。売上高は22億4200万ドルで,前年同期の22億6200万ドルに比べ減収となった。純利益は5億1100万ドル。前年同期の純利益は5億100万ドルだった。

 1株当たり利益が9セント(前年同期は8セント),営業利益率は33%(前年同期は29%)となった。

 なおOracle社は,8月期決算について説明する電話会議を予定していたが,マーケットが再開するまで延期すると発表した。同時に今回のテロにより,世界貿易センタービルにいた7人の従業員が未だ行方不明であること,1人がユナイテッド航空93便に搭乗していたことを明らかにした。

 事件の余波があることから,決算についての詳細やコメントを差し控え,マーケット再開後に新たなプレス・リリースを出すとしている。

 同社は現在,政府への援助に注力しており,従業員やコンピュータ機材,施設などを提供し,政府機関のシステム再構築を手助けしているという。

◎関連記事
<IT関連企業業績>
ノキアが業績見通しを下方修正,「利益は予測通り,売上高は前年同期比5%減」
米モトローラがQ3決算を下方修正,2000人の追加削減策を発表,合計3万2000人に
米カルデラの5~7月期決算,旧SCOの事業統合で1880万ドルの赤字
米インテルがQ3の業績見通しを発表,「事前の予測の範囲内」
【TechWeb特約】米サンが「今期も赤字,日欧の失速が直撃」,過去最大のリストラの観測も

<Oracle社関連>
米オラクルが契約管理ソリューションを拡充
米オラクル,「Oracle E-Business Suite」にモバイル接続機能を追加 
米オラクルが決算発表,売上高と利益ともに3月1日の下方修正通り

[発表資料へ]