PR

 ソフトウエア開発に関する市場調査を手がける米Evans Dataが米国時間9月17日に,「Webサービス・モデル『Web Services Internet』に力を入れるLinux開発者が増えている」との分析結果を発表した。

 調査はEvans社が2001年8月にLinux開発者300人以上を対象に実施し,回答を得たもの。

 Evans社によれば,70%が「Webサービス・モデルこそ将来のインターネット・アプリケーションである」としている。「今後24カ月以内にWebサービス対応アプリケーションを開発する予定」の人が全体の2/3以上,「すでにWebサービス・アプリケーションを開発中」の人も42%強いた。

 Webサービスの開発に利用するプログラム言語については,「Java」を挙げた人が半数強で最も多かった。このほかに使う技術としては,SOAP(Simple Object Application Protocol)やLDAP(Lightweight Access Directory Protocol)がJavaに続いた。

 その他の調査結果は以下の通り。

・Linux開発者の78%が,「2002年の新規アプリケーション開発のプロジェクト件数は2000年よりも増える予定」と回答。

・新規アプリケーション開発プロジェクトの内訳は,「社内アプリケーション」が50%と最も多く,次いで「WWWポータル」,「電子商取引向けアプリケーション」「WWWベース・サービス/ASPサービス」の順だった。

・社内アプリケーションとしてLinuxを選択するために最も重要な要件としては,「充実したサービス/サポート体制が提供されること」を挙げた人が65%で最も多かった。次いで56%が「高い信頼性」を挙げた。

◎関連記事
「Webサービスの開発環境は整った」,IBMのWebSphere担当副社長が宣言
「米国企業におけるWebサービス技術の普及は18カ月~24カ月先」,Jupiterの調査
「来年前半には売上高1億ドル超の企業の75%がWebサービス利用」と米ガートナー
21世紀のシステム体系が登場 「Webサービス」を動的に利用
「WWWは使われなくなる」---米Forresterがインターネットの将来を予測
2001年のLinux市場は前年並み154%成長,課題はサポートと保守層への浸透

[発表資料へ]