XMLをベースにした金融アプリ向け記述言語FpML(Financial Products Markup Language)の標準化を進めるFpML.orgが米国時間9月18日に,「FpML Version2」の草案を公開した。関係者からの意見を求めている。

 草案の入手は,FpML.orgのWWWサイトから可能である。意見は,電子メール・アドレス(fpml-issues@yahoogroups.com)で2001年11月9日まで受け付ける

 FpML標準の開発に関わる企業は次の通り。米Bank of America,仏BNP Paribas,米Citigroup ,米Credit Suisse First Boston ,独Deutsche Bank,インドHCL Perot Systems,ISDA,日本Mizuho Capital Markets Corporation,米Goldman Sachs ,米Integral Development Corp,米International Business Machines,米JPMorgan,米Morgan Stanley,加PricewaterhouseCoopers,Reuters,米SunGard Trading and Risk Systems,SwapsWire,英S.W.I.F.T.,UBS Warburg,米Wall Street Systems。

◎関連記事
【記者の眼】 e-マーケットプレイスをSCMに位置付けよ!
W3CがXMLベースのEC向けPKI鍵管理仕様「XKMS」を承認
米サン,VeriSign,Commerce Oneなど,安全性の高いEC実現するXMLベースの記述言語「S2ML」策定
サンとコマース・ワン,SAPがBtoB EC向けメッセージ記述言語の標準化で合意
VISAとDCカードがインターネット決済,ソフト不要の新セキュリティ・プロトコルで実験

[発表資料へ]