PR

 旅行の予約サービスやマーケティング,販売事業を手がける米Sabre Holdingsが米国時間9月19日に,2001年第3四半期の業績予測を下方修正した。9月11日の同時多発テロの影響を受け,旅行業界が低迷していることが理由。

 Sabre社は,「現時点で正確な予測を行うことは難しい」としながらも,「もし交通機関における運行が9月の最後の3週間にわたり45~60%減少した場合,Sabre社の2001年第3四半期の1株当たり利益は0.35~0.45ドルの範囲にとどまる」という。また売上高は5億2000万~5億4000万ドルとなり,継続事業ベースの前年同期の売上高に比べて5%~9%増にとどまる,と予測している。

 「今年前半に米国では企業の出張が減少した。それにもかかわらずSabre社の第3四半期の業績はこれまでの予測通りに順調だった。また通年の業績は利益が20%増,売上高は2桁台の後半を見込んでいた。ところが11日のテロで旅行業界は大きな影響を受けており,我が社も短期業績予測の修正を余儀なくされた」(Sabre社会長,社長,CEOのWilliam J. Hannigan氏)。

 なお長期的な業績予測については,「自信をもっている」(同氏)という。「我々のバランスシートは問題ない。今回の事件は大きな混乱ではあるが,我々の戦略に変更はない」(同氏)。

◎関連記事
<航空産業/Sabre社関連>
「機上でもインターネット」,仏エアバスなど欧米4社が機内ブロードバンドで連携
American,Delta,Unitedの航空3社がBoeingと合弁設立,機内広帯域ネット接続サービスを提供へ
航空機産業も無線活用の時代,米PWCと米HPがソリューション・センター開設
米セイバーが旅行予約システムに米コンパックのHimalaya採用,1億ドル規模の契約
米EDSとSabreが数十億ドル規模の提携, 旅行業界向けのビジネス・モデルを共同開発
米サイバーとキャセイ航空がオンライン・チェックイン・サービスを発表
<多発テロの影響>
米アップルがパリの「Apple Expo 2001」を中止
【TechWeb特約】米Amazon.comがコンテンツ提供を中断,テロに対する救済募金を支援
「同時多発テロがIT産業に与えるインパクトは総額158億ドル」と米調査会社

[発表資料へ]