PR

 米VeriSignが通信事業者向けサービスを手がける米Illuminet Holdingsを12億ドルで買収する。Illuminet社が米国時間9月24日に明らかにしたもの。

 Illuminet社は通信事業者向けシグナリング・ネットワーク・サービスを手掛ける会社。同社によれば,「長距離や地域電話,無線キャリアなど900社以上の顧客を抱えている」(Illuminet社)という。顧客には米AT&Tや米WorldCom,米Sprintなどが名を連ねる。

 具体的には,自社の電話の呼を制御するNo.7共通線信号方式(SS7)ネットワークを使って,コネクティビティ/シグナリング/データベース・アクセスといったサービスを提供している。無線キャリア向けのローミング・サービスやプリペイド方式携帯電話向けのリアルタイム・アカウント管理サービスなども含まれる。

 Illuminet社の事業を買収することで,VeriSign社はインターネットを使った識別,認証,決済といった自社サービスにテレフォニ・サービス取り入れ,同社のサービスを拡充していくという。

 例えばこれまでIlluminet社が顧客に提供してきたサービス(ショート・メッセージングやVoice over IPブリッジなど)をVeriSign社のインフラを使って提供していく。またデータと音声を組み合わせたサービス(電話番号とドメインをリンクさせる携帯電話向けサービス「WebNum」や企業名を発話するだけで所望の企業へアクセスできる「Global Voice Registry Service」など)も提供していく。

 買収はすでに両社の取締役会で承認されている。買収作業は,当局による承認やIlluminet社株主の合意を得た後,2001年第4四半期末または2002年第1四半期はじめにも完了する予定である。

◎関連記事
電話の共通線信号をIPにマッピング,OBNベースのIP電話仕様を流通システム開発センターが発表
“共通線 over IP”の新草案が完成。既存電話の高度サービスもIP電話で
「.NETのセキュリティが不安だって?」,米MSと米ベリサインが提携拡大
米ベリサイン,「350カ国語でのドメイン名入力がIE 5.0以降で可能に」
携帯電話への不正アクセスをシャットアウト,米クアルコムが米ベリサインと提携
米VeriSign,WWW用IDの認証や決済向けなど含むXMLベースの仕様・サービスを発表

[発表資料へ]