PR

電子財布アプリを実装した携帯電話フィンランドのNokiaが現地時間9月24日に,オンライン決済機能を備える“電子財布”アプリケーションを発表した。Nokia社が2001年第4四半期に投入予定のGPRS携帯電話機「Nokia 6310」に搭載する。

 Nokia社が発表した電子財布アプリケーションは,Electronic Commerce Modeling Language(ECML)技術をベースとする。様々なサービスへのアクセスを可能にし,WAPブラウザを介してトランザクションを実行する機能を備える。ユーザーの個人情報や発送,課金などに関する情報を保存,電子財布コードを使ってユーザー認証を行う。

 Nokia社は同日,電子財布アプリケーションを使った決済システムの試験サービスに関し,米IBM,フィンランドLuottokunta,フィンランドRadiolinjaの3社と協力体制を敷くことを明らかにした。Luottokunta社はVisa社やEurocard/MasterCardの現地法人を買収したクレジット・カード会社。Radiolinja社はGSMサービスを提供する無線キャリアである。

 Nokia社の電子財布アプリケーション搭載携帯電話機と,Radiolinja社の契約者識別技術SIM(Subscriber ldentity Module)カードおよびWireless Identity Module(WIM)技術,Luottokunta社のPOS(Point Of Sale)システム「Digital POS」技術を組み合わせる。Radiolinja社は認証用データベースの提供も行う。

 IBM社は「WebSphere Commerce Suite」や「WebSphere Payment Manager」などの電子商取引向けインフラ製品を提供する。システム・インテグレーションも行う。Luottokunta社のDigital POSはIBM Finland社と共同開発したもの。このDigital POSでRadiolinja社の無線通信向け公開鍵およびクレジット・カードの認証を行う。

 Nokia社はロンドンで開催中のmコマース技術会議「Mobile Commerce World Europe 2001 Conference」で電子財布アプリケーションおよびWIM技術のデモンストレーションを行う。実地試験の開始は2001年第4四半期,場所はフィンランドを予定している。サービスの実験で提携するオンライン・ショップは未定。

◎関連記事
<Nokia社関連>
「mコマースの潜在消費者数は,既存ECユーザーの8倍」とノキアの調査
<市場>
「mコマース市場の予測‘数千億ドル規模’は過大評価」---。米In-Stat
「無線ECで重視すべきはセキュリティと管理」,米AMRの調査
「世界のmコマース市場はまだ発展途上,日本以外ではゆるやかに成長」,米In-Statの調査
「2003年には無線/モバイル利用がBtoBの20%,BtoCの25%に」と米META Group
「mコマースは2005年まで大きく成長,インフォテインメントが稼ぎ頭」と米社
米国のモバイル・ネット市場,7年間で62倍の258億9000万ドル規模に

[発表資料1]
[発表資料2]