米Microfoft社と米MERANT DataDirectが米国時間9月25日に,「SQL Server 2000 JDBC(Java Database Connectivity)ドライバ」のベータ版をリリースすることを明らかにした。JDBCドライバは,SQL Server 2000データベースにJava/J2EEプログラムからアクセスできるようにするソフトウエア。

 JDBCドライバは,Microsoft社がMERANT DataDirect社からライセンスを受けているもの。Microsoft社のWWWサイトから入手可能である。最終版は,2002年早々にもリリースする。JDBCドライバは,JDKバージョン1.1.8,1.2,1.3に対応する。対応するOSは,Windows XP,Windows 2000 SP2,AIX,HP-UX, Solaris,Linuxである。

◎関連記事
Microsoft,Java非搭載に対するSunの批判に反論
サンがJ2EEの最新版「1.3」を正式発表,Webサービス向け機能を高める
「こっちの水は甘いよ」,米オラクルと米サンがMS環境からJ2EEへの移行ツール群
「Javaプログラマよ,.NETへおいで」MSがJavaから.NETへの移行ツールを発表
米サンが.NET対抗のWebサービス「Sun ONE」,技術やソリューションを明らかに
「2003年にはe-businessアプリケーション開発の75%がJavaを利用」,Gartnerの調査

[発表資料へ]