PR

 米Sun Microsystemsが米Critical Pathのメインフレーム・システム移行/再構築(rehosting)事業を買収した。Sun社が米国時間9月25日に明らかにしたもの。なお金額などの詳細については発表していない。

 この買収でSun社は,Critical Path社のソフトウエアと「Solaris」を組み合わせ企業のIT部門などに提供していく。

 具体的には,Sun社が9月25日に発表した「Sun Fire 15K」サーバーとCritical Path社のミドルウエアを組み合わせる。顧客はメインフレーム用のCICSコードを書き直すことなく,Sun社のサーバーで動かせるようにする。「企業は既存の業務処理に対して行った投資を無駄にせず,メインフレームのハードウエアとソフトウエアにかかる費用を抑えることができる」(Sun社)。

 Sun社は実質的に,Critical Path社の「Trans」「Batch」「PATH/3270」といった製品を含め,メインフレーム・システム移行/再構築事業の全資産を買収した。現在Critical Path社のソフトウエア製品を導入している顧客に対するサポートは継続する。また,Sun社はCritical Path社の同事業に関連する全従業員も雇い入れる。販売,サポート部門の従業員はSun社の既存の組織に移管し,今後の製品ロードマップや戦略開発に携わることになる。

 保険,銀行,製造,販売,政府などの市場では,CICSバックエンド・アプリケーションを使用しているデータ・センターが多い。今回の買収により,Sun社はメインフレーム中心の顧客への食い込みを図る。

◎関連記事
米サンがUNIXサーバーの最上位機「Sun Fire 15K」を発表,最大で106 CPU構成
Sunが単機能サーバのCobalt Networksを20億ドルで買収へ
【TechWeb特約】米サンが「今期も赤字,日欧の失速が直撃」,過去最大のリストラの観測も
「Sun Fire 4800 で構築したWWWサーバーは世界最速」,Sunがベンチマーク結果を発表
米サンと米クレイがOEM契約,「Sun Fire」をスーパーコンのI/O処理用に使う
【速報】米サンが主力サーバーを一新,「可用性がすべて」と宣言

[発表資料へ]