PR

 米Compaq Computerが米国時間10月1日に,2001年第3四半期業績予測の下方修正を発表した。営業ベースの売上高と利益がともに先の業績予測を下回るという。売上高は5億から10億ドルの下方修正である。

 売上高は74億~75億ドルの範囲にとどまる見込み。当初は80億から84億ドルとしていた。これは前期に比べ12%減である。Compaq社では,9月11日に発生した同時多発テロにより景気悪化の速度が速まったこと,それに関連してサプライチェーンや物流に影響を及ぼしたことなどを,下方修正の理由に挙げている。営業ベースの1株当たり損失は0.05~0.07ドルを見込む。

 「我々はこの困難な時期に顧客ニーズに応えるべく力を注いでいる。しかし9月11日の事件で需要が低迷し交通や物流は混乱するなど,この四半期にマイナスの影響を及ぼした」(同社会長兼CEOのMichael Capellas氏)。

 なお市況の変化もCompaq社の戦略的投資計画に影響を及ぼした,と説明する。同社は持ち株資産の再評価を行い,2001年第3四半期の決算時に約5億ドルの営業外費用(非現金)を計上する予定である。これは主にネット企業向けベンチャー・キャピタル(VC)の米CMGIに対する投資によるものという。

◎関連記事
<Compaq社関連>
【速報】米HP,250億ドルで米コンパックを買収
Compaqの2001年Q2決算,売上高84億5300万ドル,2億7900万ドルの赤字を報告
米コンパックQ1決算,純利益7800万ドルで前年同期の2億9600万ドルから大幅減

<他社の業績関連記事>
米AMDがリストラ策,2工場を閉鎖,全従業員の15%に当たる2300人を削減へ
米AOL Time Warnerが業績予測を下方修正,「広告低迷と同時多発テロが原因」
旅行予約サイトの米セイバーが業績の下方修正を発表,米多発テロの影響で
米3Comの8月期決算,売り上げが前年の42%,追加削減で従業員はピーク時の半分に
米ソレクトロンの6月~8月期決算は2億5030万ドルの赤字,回復は半年後

[発表資料へ]