PR

「『空港のセキュリティ強化のため,搭乗時におけるバイオメトリクス(生体認証)技術を使った指紋のチェックにも進んで協力する』との回答が82%に達した」。指紋認証技術のベンダーである米Identixが米国時間10月3日に調査結果を発表した。

 調査は,Identix社の委託を受け,米Harris Interactiveが実施したもの。9月21日から24日および9月26日から29日にかけて18歳以上の米国人を対象に質問,2024人から回答を得た。

 Identix社によれば,空港で行うセキュリティ・チェックについて,「指紋認証は極めて有効」「非常に有効」とした人が合わせて全体の73%にのぼった。「顔」の認証については,「極めて有効」「非常に有効」が合わせて28%だった。

 空港や旅客機のセキュリティを強化するために,「極めて有効」もしくは「非常に重要」である措置としては,「搭乗者の身元確認を徹底すること」が95%と最も多かった。そのほか,「搭乗者のパスポート,搭乗券,荷物の3点をリンクさせる」も91%にのぼった。

 航空会社の従業員,空港に勤務するスタッフ,関係者に対するものとしては,「犯罪歴がないか調査する」(90%),「コンピュータへのアクセスを制限する」(55%)などが挙がった。

 このほか「搭乗時に犯罪歴の有無をチェックするシステムを導入する」が52%だった。

 「政府や航空会社は,搭乗客や空港で働く従業員などの身元確認を強化するなどセキュリティを高める方針を打ち出しており,バイオメトリクス技術の重要性は今後著しく高まっていく」(米International Data Corporation(IDC)副社長のChris
Christiansen氏)としている。

 Identix社はHarris社がまとめた調査報告書の全文をWWWサイトで公開している。

◎関連記事
【記者の眼】私が本人です---バイオメトリクス認証への期待
「認証システムの利用は適材適所で」セキュリティの専門家がアドバイス
「生体認証市場は2006年に9億ドル規模,現在の13倍以上に」---米社が調査
「生体計測システムでは虹彩認識が認識率が高い」,米社が英研究所の調査を引用
「2004年のIT認証向け生体計測市場は18億ドル規模」,IDCの調査
「今後10年以内にバイオメトリクス技術が普及へ」--米Frost&Sullivanが報告
米Visionicsが米IBMに人の顔を認識するバイオメトリクス技術をライセンス供与
「2004年のIT認証向け生体計測市場は18億ドル規模」,IDCの調査
ソニー,クレジットカード大の指紋認識装置を発表,暗号と組み合わせる

[発表資料へ]