PR

 米Gartnerが米国時間10月3日に,「購買決定権をもつIT管理者が関心をもつ技術のトップはCRM(Customer Relationship Management)」などとするアンケート調査の結果を発表した。これに「障害復旧/業務継続」「モバイル/無線技術」「セキュリティ/プライバシー問題」「Webサービス」が続くという。

 「IT管理者は単に一つの分野だけに関心をもっているのではなく,それぞれの分野がどのような相互関係にあるのかに注目している」とGartner社は説明する。

 例えば「モバイル/無線技術」と「CRM」は,単独としては上位にあるが,「モバイル/無線技術」のなかでは,「VPN(仮想私設網)」や「安全なモバイル・ユーザー」とといったことが主要な問題となっている。同様にして「CRM」では「mコマースの事業シナリオ」が重要視されている。また「Webサービス」では,「災害復旧/業務継続」が重要なテーマだという。

 なお,かつて上位にランクされていたERP(enterprise resource planning),SCM(supply chain management),企業間(BtoB)電子マーケット・プレース(インターネット取引所)は上位から消えた。

◎関連記事
「景気後退のなかでもCRMは確実に成長」と米フロスト&サリバン
安全なデータ・バックアップのための6カ条
「米国の無線データ通信市場は6年間で80倍に,2006年には130億ドル規模」と米社
「情報セキュリティ・サービスの世界市場は年平均25.5%で成長」,IDCの調査
「米国企業におけるWebサービス技術の普及は18カ月~24カ月先」,Jupiterの調査
2006年末の無線ネット・ユーザーは5億人以上,Bluetooth機器は現在の1600倍
「2005年のCRMサービス市場は約2.4倍の1480億ドル規模に」,IDCの調査
「企業のセキュリティ予算は10年後に10倍,売上高の4%に」と米ガートナー

[発表資料へ]