PR

 英Sophosが米国時間10月4日に,2001年9月のコンピュータ・ウイルスの被害状況に関する調査結果を発表した。「Nimda」が全体の71.2%を占め,ダントツの1位となっている。ワースト10は以下の通り。

■2001年9月のコンピュータ・ウイルス被害状況

1. W32/Nimda-A(Nimda) 71.2%
2. W32/Sircam-A(Sircam) 11.4%
3. W32/Magistr-A(Magistr) 3.7%
4. W32/Magistr-B(Magistr variant) 3.0%
5. W32/Hybris-B(Hybris variant)
6. W32/Apology-B(Apology variant) 0.7%
7= VBS/Kakworm(Kakworm) 0.7%
7= W32/Flcss(FunLove) 0.7%
9. W32/Bymer-A(Bymer) 0.5%
10. W32/Badtrans-A(Badtrans) 0.4%
  その他 6.2%

出典:Sophos社

 「Nimdaはあらゆる方向から攻撃をしかけ,さまざまな手法を使って既知のセキュリティ・ホールを悪用する。厳重な警告にもかかわらず,最新のウイルス対策を行っていないユーザーへの感染が続いている」(Sophos社Sophos Anti-Virus部門米国プレジデントのDavid Hughes氏)。

 Sophos社は9月だけで新たに890種のウイルスを検出したという。これで同社のウイルスの検出数の累計は6万8111種となった。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
米MSがウイルス/ワーム対応の新サービス・プログラム,Windows 2000にはSP3
ワーム「Nimda」の被害広がる,危険度は「高」
【TechWeb特約】史上最悪のワーム「Nimda」,「Code Red」以上の感染力
【TechWeb特約】2001年のウイルス損害額は8月末までで推定107億ドル
英Sophosが2001年上半期のウイルス被害状況を発表,ワースト1は「Magistr」
2001年8月のウイルス被害状況,「Sircamが49.8%でダントツ」と英Sophos

[発表資料へ]