PR

 米Sun Microsystems,Sun-Netscape Allianceの一部門であるiPlanet E-Commerce Solutions,米Lucent Technologiesが米国時間10月8日に,モバイル・ポータル向け統合通信に関して協力体制を敷くことを明らかにした。

 3社の技術を利用したソリューションにより,ユーザーはWWWの閲覧,音声および電子メール・メッセージの確認と送信,アドレス帳に掲載している宛先への音声命令による通話,ボイスメール・メッセージへの電子メール添付(または電子メールへのボイスメール添付)を行うことができる。また,音声命令でメッセージにブックマークを付けて,即座に過去のメッセージから見つけだすことが可能。

 3社が共同で開発するソリューションは,サービス・プロバイダ市場に向ける。具体的にはLucent社のマルチメディア・メッセージング・プラットフォーム「AnyPath Messaging System」,iPlanet社のポータル・サーバー「iPlanet Portal Server」とそのモバイル版「iPlanet Portal Server: Mobile Access Pack」,Sun社のサーバー機「Netra」を組み合わせる。

 AnyPathは従来のボイスメール機能に対応するほか,ファクス,電子メール,ショート・テキスト・メッセージ,WWWコンテンツに携帯電話機やパソコン,その他のWWWブラウザ搭載通信機器からアクセスできるようにする。iPlanet Portal Serverの機能を利用し,音声,ファクス,電子メール・メッセージ,インターネットといったさまざまな情報源からコンテンツやサービスを収集する。集めたコンテンツやサービスは,エンド・ユーザーの個人情報や好みに応じてパーソナル化し,配信する。

 Lucent社はSun社とOEM契約を結び,3社によるソリューションの提供をただちに世界中で開始する。Lucent社の顧客は,「iPlanet Calendar Server」または「iPlanet Messaging Server」の利用を選択することができる。

 なお,iPlanet Portal Server: Mobile Access Packは10月中に顧客向け一般リリースを開始する。iPlanet Portal Serverの機能をWAPやiモードに対応させたもので,SMS(short message service)や位置情報サービスなどに向ける。

◎関連記事
「米国の統合通信市場は2005年に55億ドル規模」,IDCの調査
「次のITキーワードは“SID",市場は5年で34倍,2006年に17億ドルへ」と米社
「音声・データ統合ネットの機器市場は今後5年間で急拡大,2005年には106億ドルに」---。
米AT&T Labs,3G携帯電話向け統合通信サービスを実地試験,Open APIがベース
米Sunと米Telcordiaが統合通信網制御Java APIの最終草案をリリース
米Openwave Systems,VoiceXMLベースの統合通信ソフトウエアを発表

[www.Sun.comに掲載の発表資料]
[www.lucent.comに掲載の発表資料]