PR

 米E*TRADEの銀行部門E*TRADE Bank社が米国時間10月15日に,米銀大手のChase Manhattan Bank USAから3万3000以上の顧客口座を買い取ることで両社が最終合意に達したことを明らかにした。預金総額は15億ドル強。詳しい取引条件などについては明らかにしていない。

 「Chase Manhattan社からの口座獲得により,中核事業を強化する。売上高と利益の両方をただちに押し上げることができる」(E*TRADE Bank社)。

 E*TRADE Bank社によれば,同社の資産は現在130億ドル強の規模。2001年9月末時点の顧客口座数は43万6000件で,預金総額は約80億ドルとなっている。

 一方のChase Manhattan Bank USA社は,世界最大級の資産を有する総合金融機関である米JP Morgan Chase & Coの一部門。クレジットカード事業や個人向け融資などを提供している。2001年6月末時点の資産は478億ドル。JP Morgan Chase & Coは米銀大手のJP MorganとChase Manhattan Bank社が2000年12月に合併してできた。総資産は7000億ドル強。

◎関連記事
<E*TRADE社関連>
E*TRADEがヘビー・ユーザー向けの新プラットフォーム「E*TRADE Pro」をリリース
米イー・トレードが米Visaと提携,顧客向けに口座共通のカードを発行
米イー・トレードがQ3決算を発表,14%減収だが,5期連続で営業黒字
<オンライン証券取引関連>
2004年には1740万世帯がオンライン証券ブローカーを利用
「投資家から仲買人へ,2006年にはオンライン取引の主導権移る」と米ジュピター
「証券会社は,モバイル向け情報提供サービスに注力せよ」と米IDC
「証券取引が米国における無線インターネットの普及を促す」,米ヤンキー調査

[発表資料へ]