PR

 米BellSouthが米国時間10月17日,児童インターネット保護法(Children's Internet Protection Act:CIPA)の施行にあたり,フィルタリング・ソフト・スイート「Managed Security Services」の提供を強化することを明らかにした。

 米国では2000年12月に,児童インターネット保護法(Children's Internet Protection Act:CIPA)が成立しており,2001年10月28日に施行の予定である。政府から補助金を受ける学校や図書館に対し,インターネットの有害情報から子どもを守るフィルタリング・ソフトの導入を義務づけている。

 Managed Security Servicesは,イスラエルCheck Point,フィンランドNokia,米Websense,米Sun Microsystems,米Internet Security Systemsのソフトウエア,ハードウエアやサービスを組み合わせたもの。以下の四つのソリューションを提供する。

・「Managed Firewall」: インターネットのゲートウエイのトラフィックを監視する。
・「WWW Site Blocking」: インターネット利用規定に基づいて,WWWサイトへのアクセスを一部制限する。
・「Instrusion Detection and Response」: 警告システム。不正行為を検出,通知する。
・「Anti-Virus/Anti-Vandal Service」: 電子メールやWWWページに潜むウイルスを検出,隔離する。

◎関連記事
子どもと家族のプライバシを保護するため,学校に要求すべき“8箇条”
米チャイルドソフトが子どものコンピュータ・アクセスを制限するソフトを発表
米Microsoftが「子どもを有害サイトなどから守る」教育用ツールを発表
子どもを有害サイトから守れ! McAfee.comがフィルタリング・サービス
「子供の75%は景品と引き換えなら家族の個人情報提供をいとわない」と米調査
小,中,高の子供を持つ家庭では宿題や学業にインターネットを活用
「学習ツールとしてのインターネットの評価」調査結果と学校向けサービスの新機能,AOLが発表

[発表資料へ]