PR

 米Microsoftと韓国のSamsung Electronicsがソウル時間10月17日に家庭向けのパソコンとデジタル機器の共同開発とマーケティングに関して提携関係に入ったことを明らかにした。

 両社は,Samsung社のハードウエアをベースとしたWindows対応製品の共同開発とマーケティングで協力体制を敷く。Microsoft社のWindows Media Technologies,Windows CEなどを組み込む。

 これはMicrosoft社が今年はじめに設立した事業部門eHome Divisionにとって初めての戦略提携という。提携に基づきSamsung社は,.Windows CEに対する投資を拡大する。

◎関連記事
「パソコンは今後10年間も進化を続ける」,ビル・ゲイツ氏が熱弁
米コンパックに続き,今度は米HPがホーム・エンターテインメント分野に進出
米コンパックが“デジタル家電”を強化,デジタル・オーディオ機器に新境地
ホーム・ゲートウエイは任せろ,米IBMと米NSが開発プラットフォームで提携
「家庭内ネットワーク製品市場,2006年には現在の6.6倍に」と米In-Stat
「家庭内ネットワークが急増,デジタル音楽の共有などが要因」と米In-Stat
「職場でストリーミングを視聴したことがあるユーザーは56%」と米ニールセン

[発表資料へ]