PR

 米Cahners In-Stat Groupは米国時間10月22日に,企業向けセキュリティ分野に関する調査結果を発表した。企業向けセキュリティ分野で急成長を遂げているのは,VPN(Virtual Private Network)とファイアウォール。2005年に市場規模が29億ドルに達する見通しである。

 主要ベンダーは,米Cisco SystemsとフィンランドのNokiaをはじめ,米SonicWall,米WatchGuard,米NetScreenなど。その他の主な調査結果は以下の通り。

・企業はネットワークの外からはもちろん,ネットワーク内からも攻撃を受ける可能性がある。これは社内ネットワークに接続する,エクストラネットのパートナー企業,在宅勤務者,支社の数が増加しているためである。

 またPDA(携帯情報端末),米Research In Motion(RIM)の 簡易電子メール端末「BlackBerry」,無線LAN機器など,さまざまなな無線アクセス・ノードが企業ネットワークにアクセスするようになったのも一因である。

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

◎関連記事
「2005年のファイアウォール/VPN機器市場は現在の4倍で40億ドル規模に」と米IDC
「セキュリティ管理サービス市場は2005年に17億ドル,5年で12倍」と米ヤンキー
IP-VPN市場が急拡大へ,「構築済み」「2年以内に構築」の米国企業が75%
「職場でのIM利用が急増中,セキュリティは深刻な事態に」---米Gartnerが分析
セキュリティ・サービス世界市場は2004年に172億ドル規模,アジアが急拡大
セキュリティに強い無線LANを作るには? 専用IDの設定だけでは不十分

[発表資料へ]