PR

 米Sun Microsystemsは米国時間11月6日に,同社の統合開発環境(IDE)「Forte for Javaリリース3.0」がJava 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)バージョン1.2の互換性テストに合格したと発表した。

 Forte for Javaリリース3.0のJ2EE互換性機能は,自動アップデート機能「AutoUpdate」を利用してダウンロードできる。Forte for Javaリリース3.0で開発したJ2EEアプリケーションは,「J2EE 1.2 Reference Implementation」に実装したり,J2EE対応アプリケーション・サーバーで利用することが可能。

 Forte for Javaリリース3.0は,Sun社の包括的Webサービス戦略「Sun Open Net Environment(Sun ONE)」の中心的コンポーネントという位置づけ。オープン・ソース・プラットフォーム「NetBeans」をベースにしており,J2EE対応アプリケーション・サーバーへの実装に対応する。とりわけSun社の「iPlanet Application Server 6.0」にの最適化されている。

 またSun社は,Forte for Javaを米Red Hatの「Red Hat Linux 7.2」にバンドルして出荷することを同日明らかにした。「Linux開発者にオープンなクロス・プラットフォームIDEを提供し,革新的なWWWアプリケーションやサービスの開発を促進する」(Sun社)としている。

 Sun社とRed Hat社は提携関係のもと,「Forte for Java, Community Editionリリース3.0」をRed Hat Linux 7.2のアプリケーションCD「Linux Applications CD」に収録して配布する。

◎関連記事
米サンがWindows XP用Java仮想マシンの早期アクセス版をリリース
米サン,J2EE統合開発環境の新版「Forte for Javaリリース3.0」をリリース
サンがJavaツール新版を発表,無償版の機能を向上
「こっちの水は甘いよ」,米オラクルと米サンがMS環境からJ2EEへの移行ツール群
「Javaプログラマよ,.NETへおいで」――MSがJavaから.NETへの移行ツールを発表
Microsoftが「JUMP to .NET」を発表,Java開発者の.NET移行を図る
米IBMが4000万ドル相当のソフトをオープン・ソース・コミュニティに寄付
米レッドハットが「Red Hat Linux 7.2」を出荷,カーネルは2.4.7

 Java関連の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Java」で詳しくお読みいただけます。

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

[www.Sun.comに掲載の発表資料1]
[www.Sun.comに掲載の発表資料2]