Java開発ツールを手がける米WebGainが米国時間11月12日に,統合アプリケーション開発スイートの新製品「VisualCafe Enterprise Suite」を発表した。また,アプリケーション開発ソリューション「WebGain Studio」の新版についても明らかにした。ともに2001年12月に利用可能になる。

 VisualCafe Enterprise Suiteは,Java 2 Enterprise Edition(J2EE)アプリケーション開発を手がけ,Unified Modeling Language(UML)の利用を考えているJavaチームに向ける。米国での価格は2995ドル。主に以下の内容が含まれる。

・統合開発環境「WebGain VisualCafe Enterprise Edition」。Java Server Pages(JSP),サーブレット,Enterprise Java Bean(EJB)といったJavaおよびJ2EE機能に対応

・UMLモデリングの「WebGain StructureBuilder」

・米MacroMediaの「Dreamweaver UltraDev」を付属

・スキーマやファイル,DTDのXML作成,検証,変換,管理を行うためのツール「Turbo XML」

・米BEAの「WebLogic Server V6.1」への接続ライセンス1件

 「アプリケーション開発の一環としてアプリケーション・モデリングを行う顧客が増えている。我が社のスイート製品は,UMLモデリングとJava開発,アプリケーション・サーバーへの実装をシームレスに統合する」(WebGain社CEOのJoe Menard氏)。

 WebGain Studioの新版は大企業のIT部門に向ける。価格は4995ドル。新たに「WebGain Business Designer」を追加した。ビジネス・プロセスやアプリケーション条件を決定するための協業環境を提供する。WebGain Studioの主な構成内容は以下の通り。

・WebGain Business Designer

・WebGain VisualCafe Enterprise Edition

・WebGain StructureBuilder

・「WebGain Quality Analyzer」

・MacroMedia社のDreamweaver UltraDev

・Turbo XML

・BEA社のWebLogic Server V6.1への接続ライセンス1件

◎関連記事
米WebGain,ビジネス要件定義ツールの新版「Business Designer 2.0」を12月リリース
Java開発ツールの米WebGainが日本法人を設立し,VisualCafeを年内に出荷
米サンがJ2EEの最新版「1.3」を正式発表,Webサービス向け機能を高める
米サン,J2EE統合開発環境の新版「Forte for Javaリリース3.0」をリリース

 Java関連の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Java」で詳しくお読みいただけます。

[www.webgain.comに掲載の発表資料1]
[www.webgain.comに掲載の発表資料2]