PR

 米Rational Softwareが米国時間11月12日に,チーム開発スイートの新版「Rational Suite v2002」のリリースを明らかにした。同時に,新製品であるWWW対応プロジェクト管理ツール「Rational ProjectConsole」や,構成管理システム「Rational ClearCase」の強化内容などについて発表した。

 Rational ProjectConsoleは,開発技術者やチーム・リーダーがプロジェクトを共同管理できるようにする。ソフトウエア・プロジェクトに関する重要な情報を自動的に収集し,プロジェクト用WWWサイトを動的に生成する。

 また,開発者のためのコミュニティサイト機能を提供する「Rational Developer Network」のサービスを拡張した。アクティブ・サポート契約を交わしているRational社製品ユーザーは,Rational Developer Networkの以下のサービスを利用できる。

・「Rational RequisitePro」「Rational Testing Tools」「Rational ClearQuest」「IEEE Computer Society」に焦点を当てたナレッジ・センター。

・「Rational Unified Process」「Rational Development Accelerators」向けのオンライン・コミュニティ機能。ベスト・プラクティスや再利用可能な部品の検索,配布,ダウンロードができる。

・Rational Unified ProcessやRational ClearCase,Rational ClearQuest向けのWWW対応トレーニング・コース。

 Rational ClearCaseでは対応プラットフォームを拡充し,新たな機能を追加した。主な内容は次の通り。

・米IBMのメインフレーム「zSeries」に対応。Linux上で動作する。

・WWWブラウザ・インタフェースを向上し,遠隔ユーザーへの対応を強化した。

・米Microsoftの「Windows Terminal Server」と「Windows XP」に対応。

・コンポーネント・ベースの開発向けに「Unified Change Management」機能を強化。

・米Sun Microsystemsの「Forte for C++ Integrated Development Environment(IDE)」との統合機能や,IBM社の「WebSphere」向け自動実装機能を追加。

 そのほか「Rational Rose v2002」では,JavaやJ2EEアプリケーションを直接Rational RoseからJ2EE対応アプリケーション・サーバーに実装できるようにした。

 Rational Suite v2002の出荷に伴い,Rational Suite製品の米国価格は次のようになる。「Rational Suite AnalystStudio」は3995ドル,「同ContentStudio」は4795ドル,「同DevelopmentStudio」と「同TestStudio」は5995ドル,「同Enterprise」は7695ドル。アップグレード版は30日以内に出荷を開始する。

◎関連記事
米VA Linuxが共同ソフト開発ツール「SourceForge Enterprise Edition 3.0」を発表
「ソフト開発者の90%がWWW分野に注力,Webサービスが最重要」と米調査
米MSがソフト開発者向けの事業部「Developer and Platform Evangelism」を創設

 Java関連の技術・製品・市場に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Java」で詳しくお読みいただけます。

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]