PR

 米IBMが米国時間11月13日に,クラスタ構成のサーバー「eServer Cluster」を発表した。Linuxベースの「1300」とAIXベースの「1600」がある。

 eServer Cluster 1300は,米Intelのプロセサを搭載した「eServer x330」と「同x342」をクラスタ構成で用いる。OSは米Red Hatの「Red Hat Linux 7.1」。IBM社のクラスタおよびファイル・システム管理ソフトウエア「Cluster Systems Management for Linux」を利用する。クラスタ接続した複数のサーバーに関して,OSのインストールや設定などの操作を一元的に行うことができる。また,ハードウエアの監視や管理,サーバー間の同期化が可能。

 eServer Cluster 1300に用いるx330は「Pentium III」を搭載し,最大4Gバイトの133MHz ECC SDRAMと最大72Gバイトの記録容量を備える。「Cable Chaining Technology」技術と自己管理ツールを備える。

 x342は動作周波数1.25GHzのPentium IIIを搭載する。最大4Gバイトの133MHz ECC SDRAMと最大440.4Gバイトの記録容量を内蔵する。PCIスロットを5基備える。IBM社のサーバー開発プロジェクト「Project eLiza」による自己管理技術を取り入れる。

 eServer Cluster 1300の価格は,クラスタ・サーバー8台,管理サーバー1台,Red Hat Linux 7.1,スイッチングなどを含む構成が8万5000ドル。11月26日に米国で発売を開始する。

 eServer Cluster 1600はAIXを搭載したサーバー「pSeries」を用いる。

米IBMがLinux戦略を明らかに,Linuxに3億ドルを追加投資へ
IBMサーバーの長期計画が判明,Linuxを核に,全機種を“統合"へ
「金融サービスやスポーツ業界が,本格的にLinuxに移行しつつある」と米IBM
米IBM,xSeries 330を256台使った“Linuxスーパーコン”を英社から受注
【TechWeb特約】米マイクロソフトのバルマー氏,「米IBMが10億ドルを投じようと,Linuxに覇権はありえない」
「Q2の世界サーバー市場は売上高16%減,出荷台数3%減」,米IDCの調査
「Q2の世界サーバー市場は出荷台数97万3784台。わずか0.7%増」---。Dataquestの調査

 Linuxに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「Linux」で詳しくお読みいただけます。

 サーバの技術,製品,市場の動向に関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「サーバー」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]