PR

 米Excite@Homeが米国時間11月15日に,2001年第3四半期の決算を発表した。売上高は1億3840万ドルで,純損失は2億7130万ドル(1株当たり損失は66セント)。売上高のうち85%以上を,消費者向け接続や企業向けサービス事業が創出した。

 9月30日時点で,世界における広帯域接続加入世帯は合計416万2000世帯にのぼった。第3四半期に約48万6000世帯の新規加入世帯を獲得した。北米における加入世帯は合計369万世帯。第3四半期に約41万7000世帯が加わった。

 9月30日時点の現金と短期投資は1億5700万ドルである。

 同社は9月28日に,米国破産法の会社再建手続きであるチャプター11をサンフランシスコで申請することを発表。同時に,広帯域インターネット・アクセス事業のすべてと各種関連サービスを米AT&Tに3億700万ドルで売却することを明らかにした。

 なおExcite@Home社の高速ケーブル・インターネット・サービスは米AT&T Broadbandが継続する。10月18日から新規顧客へのサービス提供を開始している。

◎関連記事
米AT&T Broadbandが米Excite@HomeのCATVインターネット・サービスを継続
米Excite@Homeが破産申請,米AT&Tに3億700万ドルでケーブル・ネット資産を売却
米Excite@Homeがリストラ,子会社閉鎖やExcite.comの見直し,500人の人員削減
グリーティング・カード・サイトのAmericanGreetings.comがExcite@Homeから同業部門を3500万ドルで買収
米Excite@Homeの資金繰り悪化,米Coxと米ComcastがCATVサービス契約を打ち切り
米Excite@Homeの赤字拡大,資金繰りで米AT&Tから7500万~8500万ドル
米AT&Tと米Excite@Homeがコンテンツ・プロバイダ向けサービスで複数年の契約
米Excite@Homeが約250人のリストラ計画を発表,広帯域事業に注力

[発表資料へ]