PR

 米RBC Capital Marketsが米国時間11月15日に,情報セキュリティ市場に関して調査した結果を発表した。それによると,2005年には世界中の企業や政府機関が情報セキュリティに300億ドルを投資するようになるという。テロリストやその他のセキュリティへの脅威から情報システムを保護するためである。

 これまでは情報セキュリティへの投資が不十分だった,とRBC社は指摘する。2000年はネットワークでの機密漏洩,ウイルス,クラッカ(悪意のあるハッカー)による損害額が150億ドルにおよんだ。2000年における企業と政府機関をあわせた情報セキュリティ費用は合計100億ドル程度だった。

 アナリストのStephen Sigmond氏によると,情報セキュリティ費用は今後5年間に年平均約20%で増加し,2005年には318億ドルに達するという。ちなみに2001年の情報セキュリティ費用は135億ドルとなる見通しだ。

 「セキュリティ・ソリューションはネットワークの情報保護のために不可欠というだけでなく,電子商取引や無線通信,VPN,ASP,SANといった数十億ドル市場の開発にとっても重要な要素である」(Sigmond氏)

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・スイート製品を好む企業より,業務ごとに特化した機能を提供するbest-of-breed製品を好む企業の方がはるかに多い。セキュリティ製品市場は非常に分散しており,大きく14の分野に分けられる。スイート製品では一貫した包括的なセキュリティ機能を提供することが難しい。

・2000年に始まった整理統合は今後1年~2年で加速する(2000年の主要な合併/買収件数は34件)。公開企業,とりわけネットワーキングやネットワークおよびシステム管理に関わる企業は,自社の拡充より買収を進めるとみる。

◎関連記事
米国標準技術研究所と米商務省が米エントラストのインターネット・セキュリティの研究に補助金を支給
90%の企業/組織がウイルスなど何らかのアタックを経験,米誌の調査
「情報セキュリティ・サービスの世界市場は年平均25.5%で成長」,IDCの調査
「企業のセキュリティ予算は10年後に10倍,売上高の4%に」と米ガートナー
「セキュリティ管理サービス市場は2005年に17億ドル,5年で12倍」と米ヤンキー
経済減速でもセキュリティには投資,世界市場は2005年まで年率23%で成長

 セキュリティに関する情報は総合IT情報サイト『IT Pro』の「セキュリティ」で詳しくお読みいただけます。

[発表資料へ]