米Analog Devices(ADI)社は米国時間11月19日,米Compaq Computer社がiPAQ Pocket PC向けのGSM/GPRSネットワークの新しいWireless Packで,同社のOthelloとSoftfone GSM/GPRSチップセットを採用することを発表した。またこのWireless Packには,ADIの電源管理ICも使用される。

 ADIのOthelloチップセットは,入力無線周波数(RF)信号を直接ベースバンド周波数に変換する。そのため,無線機器でもっとも高価なコンポーネントの一つである周波数フィルタの必要性を排除している。

 またSoftFone DSPベースバンド・プロセサは,基本的な音声電話からGPRSマルチスロットClass 12デバイスまでさまざまなGSM/GPRS製品に使われている。独自のRAMを使った方式により,製造者は容易に機能をカスタマイズできる。また消費電力,コストとサイズの面でもこれまでの製品に比べて大幅に改良されている。

 GSM/GPRSネットワーク向けのWireless Packにより,iPAQ Pocket PCのユーザーは,電子メールの送受信,WWWサーフィン,携帯電話サービスが利用できる。世界中のGPRSネットワークをシームレスに利用でき,50Kビット/秒以上の速度で音声と常に接続状態にあるデータ・サービスを利用できる。

◎関連記事
「米AT&Tの発表がキッカケで米国の携帯電話でGSMが急成長」と米社が予測
米マイクロソフトと仏SAGEMがGSM/GPRS携帯電話機能付きのPocket PC機を発表
米アナログ・デバイセズ,米インテルと共同開発のDSP「Blackfin」を発表
米Analog DevicesとAwareがFastADSLチップを発表。1本の電話回線で高品質ビデオ2チャンネルを同時配信可能
インテルとAnalog Devicesが新たなDSPアーキテクチャを発表,製品は1年後

発表資料へ