PR

 米Palmが米国時間11月26日に,Palm機の無線LAN利用に向けた販売促進について明らかにした。米Intel子会社の米Xircom,米Corsoft,米vVault,米Certicomなどとと提携し,無線LAN向けのソフトウエアとサービスの無償トライアルを提供する。

 具体的にはXircom社のIEEE 802.11b無線LANモジュールをPalm社のオンライン店舗「Palm Store」で購入した顧客に対して各種のソフトウエアを収録したボーナスCD-ROMを無償で提供する。またPalm機と同モジュール,ボーナスCD-ROMをバンドルしたパッケージの販売もはじめる。対象製品は「Palm m125」「同m500」「同m505」。バンドル価格はそれぞれ,499ドル,549ドル,599ドルで,それぞれを個別に買うのに比べ「最大99ドル安くなる」(Palm社)。

 CD-ROMに収録するソフトウエアは以下の通り。

・Corsoft社の電子メール・クライアント。米Microsoftの「Outlook 97」,同98,同2000,同XPに対応する。鍵長192ビットのAES(Advanced Encryption Standard)暗号技術が利用できる。

・vVault社の「Direct Desktop Access」サービスの無償トライアル。デスクトップ・コンピュータ/企業ネットワーク内ファイルへのアクセスを提供するサービスである。Excelや Word,PowerPoint,PDFといったファイルを携帯端末で閲覧したり,ファクス/電子メール送信できる。サービス料金は年間99ドルだが,60日間無料で使える。

 このほか,Certicom社の無線携帯端末向けVPNクライアント・ソフト「movianVP」を使ったサービス(30日の無償トライアル)や,DPWeb社のブラウザ・ソフト「DPWeb Browser」が含まれている。

◎関連記事
「家庭向け無線LANが急拡大,2005年に企業向け市場を上回る」,と米調査
IEEE 802.11gの新ドラフトがリリース,802.11bとの相互運用性を確保
米インテルのIEEE 802.11bへの移行は,家庭内無線LAN「HomeRF」に大打撃
「無線LANホットスポット市場は急成長へ,無線LAN対応機器の伸びにも影響」と米ABI
2001年の家庭用無線ネット市場は前年比2倍の2億4300万ドルに,802.11bが7割強
「拡大する無線LAN,2006年の市場規模は2000年の4.6倍」,米ABIの調査

米Palmが米Extended Systemsを買収,企業向けモバイル・ソリューションを拡充
米インテルが通信PCカードや超小型PDAの米ザーコムを7億4800万ドルで買収

[発表資料へ]