PR

 ドイツのSiemens AGの子会社である米Siemens Enterprise Networks LLCと,米Deloitte Consultingが,セキュリティ/CRM(Customer Relationship Management)市場に向けた事業展開に関して契約を締結した。両社が米国時間11月29日に明らかにしたもの。これにより,2001年初頭から同市場で展開していた協力体制を正式なものにする。

 両社は,2005年までに世界のセキュリティ市場の規模は420億ドル,CRMの市場規模は700億ドルにまで発展すると見込んでいる。これら市場に向けた事業展開で協力し「ソリューションの導入/管理を検討する顧客を支援していく」(両社)という。

 「経済不況により小規模のスペシャリストが市場からの撤退を余儀なくされていることから企業は大規模で幅広い経験をもつ,息の長いサービス企業を求めている」(両社)。

 なお両社は,米Gartnerの主席アナリストDrew Kraus氏のコメントを引用している。それによれば,「企業内で基幹業務の専門家が不足していることから,セキュリティ/CRMの設計と導入を外部に委託する企業が多い」という。「ソリューションは一度導入すれば終わりというわけではない。多くのCIO(最高情報責任者)にとって必要なのは,大規模で確実なソリューション・プロバイダと提携し,長期間にわたって展開できるようにすることだ」(同氏)。

◎関連記事
「世界CRM市場は2002年から回復,2001年は全支出の38%以上が北米以外の市場」,米アバディーンの調査
「米国企業の65%が2002年にCRMを導入の計画」と米データクエスト
米ガートナーがIT管理者が関心もつ技術のトップ5を発表,ERPやSCMは圏外に
「景気後退のなかでもCRMは確実に成長」と米フロスト&サリバン
「現在のCRMの5割は,顧客から見れば失敗作」と米ガートナーが分析
中小規模の金融機関はCRMと顧客情報分析システムを有効活用していない
「2005年のCRMサービス市場は約2.4倍の1480億ドル規模に」,IDCの調査
「小売業者の52%がCRMの重要性を認識,でも実践しているの34%」と米ガートナー

[発表資料へ]