PR

 米Sybaseが米国時間12月5日に,2002年の業績見通しを明らかにした。一時的な費用を除いた1株当たり利益は10%増加する見込み。

 「多くのアナリストが2002年におけるIT支出の増加を最小限に見積もっている。しかし我が社は中核事業のデータベースをはじめ,企業向けポータル・サイト,モバイルや無線,金融市場における強みが2002年の成長をもたらすと確信している。利ざやが向上し,各部門がおだやかな成長をみせ,1株当たり利益は10%増加する。また緩やかな経済回復が見込まれ,売上高は約5%増と予測する」(Sybase社副社長兼会計担当Scott Irey氏)。

◎関連記事
<Sybase社関連>
米SybaseがEDIシステム構築用のサーバー製品新版をリリース
米サイベースの子会社iAnywhereが「SQL Anywhere Studio 8」を一般向けに発売
Sybaseの2001年第1四半期決算,実質純利益は16%増の2270万ドル
サイベース,新事業部を3月12日に設立,データベースのモバイル利用を推進
<競合社関連>
米オラクル,Itanium版「Oracle9i Database」の開発者向けリリースを提供開始
米IBMが“約束通り"Informix製品をリリース,IDSの新版「9.3」を出荷開始
米レッドハットがオープンソースのRDBMS市場に参入,「Red Hat Database 7.1」を発表

[発表資料へ]