PR

 米Symantecが米国時間12月11日に,セキュリティ対策ソフト「Norton Internet Security 2002 Professional Edition」およびアンチウイルス・ソフト「Norton AntiVirus 2002 Professional Edition」を発表した。小規模の企業や上級ユーザー(advanced users)向けのエディションである。

 Norton Internet Security 2002は,ウイルスやクラッカからの攻撃,プライバシの侵害などの深刻なインターネットの危険に対する包括的な防御を行う。すべてのコンポーネントが効果的に相互作用するように設計しており,重複する機能がなく,バンドル・ソリューションにありがちな過剰なメモリー要件も必要としない,としている。

  同製品は,「Norton Personal Firewall 2002」のファイヤウオール機能を提供しており,「Norton AntiVirus 2002 for the Windows」と「Symantec AntiVirus 2002 for Palm OS」を通じてウイルス対策機能を提供する。

 他のエディションと異なっている点は,「Norton Intrusion Detection」を提供すること。これは自動的に怪しい接続とCode Redのような悪意を持つ攻撃を遮断する。また小規模ネットワーク環境のセキュリティ設定を容易にする「User Access Manager」とインターネット使用を管理する「Norton Productivity Control」を収録している。新しい「Network Notification」機能は,無線その他のネットワークにつながったときにユーザーに通知する。

 一方「Norton AntiVirus 2002 Professional Edition」は,最新のPalmとWindowsオペレーティング・システムで動作する。作業を中断させることなく悪意を持ったコードから自動的にPCやPDAを守る。最新のウイルスの脅威からユーザーを保護するだけでなく,消去されたファイルを迅速に復活させ,重要なデジタル文書を安全に削除することにより,ダウンタイムの発生を防ぐ。

 同製品は,ウイルスの検出と削除,ウイルス攻撃からの迅速な復活,ウイルス定義の最新をユーザー介入の必要なく行い,ユーザーの生産性を損なわないように設計されている。バックグラウンドで自動的に感染したファイルの修復と削除を行うことにより,ユーザー介入の必要性を最低限に抑えている。ライセンスの購入者は,1年間ウイルス定義のアップデートが無料で受けることができる。

 また新しいスクリプト・ブロッキング技術により,送受信される電子メールを継続的に監視して,ウイルスのような怪しい挙動を検出し,活動を停止させ,ウイルスが広がってダウンタイムが生じる前にユーザーに警告する。また重要な情報を含むファイルの保護機能と復活機能を提供するようになったので,ユーザーは機密事項を含む電子データを共有できるようになった。

 両製品の価格は,「Norton Internet Security 2002 Professional Edition」が99.95ドル,「Norton AntiVirus 2002 Professional Edition」が69.95ドル。同社のオンライン・ストアにて先行予約を受け付けている。Symantecソフトウエアのユーザーがアップグレードを行う場合には,メールによる30ドルの割り戻しを適用できる。両製品の販売は,小売店と同社のオンライン・ストアにて12月末日までに開始する予定。

◎関連記事
米シマンテック,小企業向けのセキュリティ単機能サーバーを発表
米シマンテックが「Norton Internet Security 2002」を発表,Windows XP対応
シマンテックがウイルス対策ソフトなどの新版,送信メールをチェック
シマンテックが個人向けセキュリティ対策ソフトの新版を発表
米シマンテックがセキュリティ管理ソリューション「ESM 5.5」を発表
シマンテック,Windows XPに対応した企業向けウイルス対策ソフト・セット製品の最新版を11月26日発売

発表資料へ
発表資料へ