PR

 米Oracleは米国時間12月13日に,2001年9~11月期(2002会計年度第2四半期)の決算を発表した。売上高は23億5700ドルで,前年同期の26億6000万ドルに比べて減収となった。純利益は5億4900万ドル。前年同期の純利益は6億2300万ドルだった。

 1株当たり利益が0.10ドル(前年同期は0.11ドル),営業利益率は35%(前年同期は36%)となった。

 ソフトウェアの新規ライセンス売上高は前年同期に比べ27%減。しかしライセンス更新による売上高は同8%増,サポート・サービスは同12%増となった。サービス事業の売上高は横ばいである。

 「過去10年で最も厳しい四半期となった。しかし我々は営業利益8億ドルと35%という営業利益率を達成した。今後景気が持ち直すにつれてさらに向上するだろう」(Oracle社CEOのLarry Ellison氏)。

◎関連記事
米インテルがQ4の業績見通しを発表,売上高予測を上方修正
AMD,Athlon XP好調で2001年Q4の業績予測を上方修正
カナダATIが9月~11月期決算を上方修正,「売上高が前期を上回り,収益率は向上」
加コーレルの2002年会計年度予測,「戦略的投資」のため2300万~3100万ドルの赤字
米ナショセミの01年9月~11月期決算,売上高は前期比8%増だが前年同期比38%減
米サイベースの2002年業績予測はEPS10%増,売上高5%増を見込む
米ゼロックスのQ3決算,売上高は38億~40億ドル,1株当たり損失は22~25セント
Oracleが2001年6~8月期決算を発表,純利益は若干増えるものの売上高は減少

[発表資料へ]